桜ノ杜ぶっくす公式サイト

かんづかさの世界観-読み解く為のキーワードと登場人物紹介-

「なんで……なんであたしが皇居にきてんのよ!」
高校を卒業して栃木市役所で働くはずだった五祝神奈は、なぜか宮内庁で辞令を受け取ることとなる。しかも、受け取った辞令には〝特別職国家公務員〟の文字が書かれていた。
戸惑う神奈が就いた職業は、神祇官(かんづかさ)という、マンガかゲームにしか登場しないような衣装を着せられ、御霊(ごりょう)と呼ばれるまつろわぬ禍々しい者や妖魔たちから人々の安全を護るという奈良時代から続く歴史ある神職だった。
千葉県の勝浦市に姿を現した夜刀浦人と呼ばれる怪魚人。そして、古代の大蛇神の影に潜む者の目的は何か?

▲クリックで拡大



制作協力:朝松健、森瀬繚、坂本雅之、株式会社 新紀元社、株式会社 アークライト

身長:155cm
体重:47kg
年齢:18歳