一二三書房 公式サイト

桜ノ杜ぶんこ 巡る天使の走馬燈(メモワール)発売中

桜ノ杜ぶんこ 巡る天使の走馬燈(メモワール)
著者/宮村優
カバー・挿絵/KEI

走馬燈——死の間際に見るという記憶の断片。それは天使がくれる最期の贈り物。

走馬燈死の間際に見るという記憶の断片。
その正体は、天界走馬燈編集部に所属する天使たちが、作り上げた人生の記録集。
彼らは死が間近な人間の記憶にアクセスし、編集し、1つの作品として作り上げるのが仕事。そして、死の間際に脳内で再生し、対象者が己の人生を振り返りつつ、死を迎える事を自覚させるのが役目。これは、天界走馬燈編集部で働く天使の物語。


桜ノ杜ぶんこ 巡る天使の走馬燈(メモワール)を立ち読みするマウスオーバーして表示されるボタンをクリックするか、←→キーで次ページ・前ページへ進みます。

本体760円+税


ISBN:978-4-89199-211-8
文庫判 328ページ
2013年11月5日発売

©HIFUMI SHOBO ©YUU MIYAMURA