一二三書房 公式サイト

小説 CLOCK ZERO -終焉の一秒- 黄昏に咲く花発売中

小説 CLOCK ZERO-終焉の一秒- 黄昏に咲く花
著者/黒田サチ
イラスト/Meij

秋霖学園初等部に通う12歳の少女・九楼撫子。
撫子が学ぶ秋霖学園に一人の転校生がやってくる。
──海棠鷹斗。
鷹斗は、製薬会社である海棠グループの一人息子。頭脳明晰で容姿端麗、さらに気さくな人柄なこともあり、鷹斗は瞬く間にクラスの人気者になる。
鷹斗とはじめ、幼馴染みの加納理一郎たちと、平穏な日々を送る撫子であったが、時折、暗く闇に彩られ荒廃した街を彷徨う夢を見るようになってゆくのであった……。
君と壊れた世界を生きるAVG「CLOCK ZERO」のアナザーストーリー。


小説 CLOCK ZERO-終焉の一秒- 黄昏に咲く花を立ち読みするマウスオーバーして表示されるボタンをクリックするか、←→キーで次ページ・前ページへ進みます。

本体1300円+税

ISBN:978-4-89199-083-1
四六判 248ページ

特製「おジャマしおり」付き

©HIFUMI SHOBO ©2011 IDEA FACTORY/DESIGN FACTORY